最終更新日



プロフィール

体験から学ぶ

1993年に、33年勤めた富士通を定年退職し、教育用言語LogoやLogoLegoを手がけているロゴジャバンで数年働いてから、ここ数年は大東文化大で非常勤講師をしています。
 富士通では、通信に使うフェライトという磁性材料の研究からスタートして、SE、海外駐在、営業と、会社を4つくらいかわったくらい、いろいろ経験しました。比較的長かったし、性にもあっていたのが、教育とコンピュータの世界というべき部門でした。

教育にコンピュータを利用しようという、CAI(Computer Assisted Instruction) の初期段階をやり、パソコンが登場してCAIも実用化されそうにはなったのですが、受身で何かを教え込もうというCAIはどうも面白くないと、教育用言語、Logoに力を入れました。比較的簡単で、かつ、教育哲学のある言語で、高校の先生方に、プログラミングを通して、数学を教えるのはいかが?と提案したりしておりました。
「受験を意識すると、そんな時間はない」
「あれこれ教え込んだところで、本質が捉えられていないと、効果はないのでは?」
などと、年の功で、分かったようなことを言っておりました。

あるセミナーで、「人間は結局、体験から学ぶものなのに、今の教育は、知識をつめこもうとしている。もっと、体験重視を」と強調され、最初はその真意がよく分からず、「5000年もかけて人類が築いてきた知識の全てが体験できるわけがない、極論すぎるのではないか」と、論争を挑んだりしました。しかし「「梅干はすっぱい」ということは、梅干を食べなくても分かるだろうが、実際に食べた体験があるのとないのとでは、まるで受け取り方が違うのではないか?」とのたとえで、なるほどと納得しました。

このセミナーは、杉並区にある能力開発工学センターで、故矢口 新先生の主催されたものでした。しばらくして遊びに行った時に、「君が受講生の中で、詰め込み知識教育の悪しき流れに一番そまっていて、どうしようもない奴だと思った」と笑い話になりました。
「いや、「梅干はすっぱい」は食べた体験があったからききました」と言うと、最近は「高い山は寒い」とも言うようになったよ。高度に比例して気温が下がるという知識があれば、誰でも寒いだろうとは思うだろう。しかし、3000mの山を夏登った人と冬山をやった人の受け取り方、さらに8000m級の山に登った体験のある人とでは、同じ言葉でもまるで違って響くうだろう。言葉も体験を反映したものにすぎない」と強調されていました。

最初に、ヨーロッパに家族旅行をしたときに、ガイドブックを見ても、全然ピンとこなかったのですが、パリの空港に降り立ち、バスに乗ったとたんに、読む気になりました。ひょっとしたら、社会科なんかの授業で「パリの地下鉄の出口は、東向きですか? 西向きですか?」なんて、愚にもつかぬことまで、知識としてつめこんでいないかしら? 「数学の公式は覚えるもの」なんて、思わず、えっといいたくなることまで聞くご時世ですから。
 その点、プログラミングを通して数学をやるのはいいですよ。思考体験、思考実験そのものですから。

大東文化大

現在、大東文化大でコンピュータの講師をしていますが、もちろん、体験重視でやっております。「言葉による定義を十分してくれないから分からない」という学生には、「それで分かったら、大したものだ。どうしてもというなら、インターネット上で調べるか、用語辞典でも買ったら?」と言っています。多分、余計わからなくなるのがオチでがっかりすることでしょうが、そういう体験によって、定義がわかるのは、自分なりのイメージがそれとなくできてきて、ことの本質をつかみかけてからということが分かることでしょう。

 個人的には、今でも、コンピュータ利用の一番いいのが、プログラミングではないかと考えています。受身でできるものではないから。そして、コンピュータを便利な道具としてだけとらえ、受身で使うのはもったいないと思います(飛躍があるかな?)。インターネット、メール、その他、便利なソフトが続々と登場してきていますから、昔のように、なにかしたかったら、まず、プログラミングという時代でないことは確かですが。

 Basic,Lisp,Logo,Visual Basicときて、今、C++と格闘し、Javaにたどりつきました。いずれ、このホームページにも、昔、Logoで書いていたフラクタル図形などをJava Appletで書き換え、ならべて提示しようかと思っています。ホームページとの関連で、JavaScript、CGI,Perlにも取り組んでいます。このページの冒頭と末尾にも、JavaScriptとDOMを使っています。

パソコン通信 NIFTY、FCAIのフォーラムには、10数年、いろいろと書き込んできました。毎年夏に、家族で海外旅行をしていますが、その紀行文だけでもかなりの量です。Logoのプログラミング、数学への適用、パズルなどもかなりあります。ありがたいことに、10年前の書き込みもNIFTYにログファイルとして残されているのもあります。これらをおいおい整理して、私のホームページを拡充していきます。メモ帳でHTML文にしていきますが、ひとつできれば、あとは、コピー・貼り付けで、ことは簡単です。見栄えはCSS2ファイルでやりますから、特に変えたいと思うときだけ、class=....とやるだけで、ほとんど意識する必要もありません。書きなぐりの文章の整理と、写真のスキャナでのとりこみ、縮小、修整は面倒ですが。デジタルカメラのものも、そのままでは、容量が大きすぎるから、やはり、縮小は必要です。

旅行・合唱

ホテル方向

海外旅行は、10数年前からあちこち行っては、歴史の本を読んだりして楽しんでいます。2000年夏は、ペルシャ(イラン)へ行き、予想をはるかにこえたいい印象をもって帰りました。2001年はベルギー、2003年春にイタリアへ。写真は、ヴェネティアのマッジョーレ島の教会の塔からサンマルコ広場近くを撮ったものです。

還暦も数年前に通過しましたが、まだ、山やスキーに行ったり、プログラム言語やLinuxと格闘できる元気さはあります。右肩上がりのよき時代、富士通で長年、マイペースでのんびりさせてもらっていたおかげでしょう。多謝。

合唱コンサート「唇は語らずとも」を歌っているシーン

地域では、10年くらい前から、合唱団に入っています。音符は読めないですが、Logoで、ドレミを入れると音が出るようにプログラムして、楽譜を打ち込んで、音取りができるようにしました。それで練習を十分していけば、あまり皆さんの足をひっぱることもないだろうと、参加したものです。そうした練習を重ねて、10年もやっていると、少しはましになってきた感じです。プログラミングもそうですが、何事も積み重ね、繰り返しが大切ということを痛感しております。

写真は数年前、わが合唱団のコンサートで、レハールのオペレッタ「メリーウィドウ」のワルツを合唱で歌ったところです。「唇は語らずとも」、本来はダニロ、ハンナの二重唱、いい歌です。最近は、新宿「ともしび」に行ったり、八王子うたごえの会にタッチしたりと忙しいです。

家から5分お秋川の日没

住んでいるのは、東京郊外のあきる野市 です。結婚して、住み始めた37年前は、西多摩郡秋多町という緑の多い片田舎でしたが、その後、秋川市になり、数年前には五日市町と合併して、あきる野市となりました。田畑も緑も少なくなりましたが、秋川が流れ、奥多摩にも近く、自然に恵まれたところです。

なお、五日市町については、ここをクリックください。

出身は大阪の天王寺生まれ、就職するまでは、茨木 にいました。1940,50年代は、田んぼがあり、イナゴとりをしたり、小川で小魚もつかめる、郊外の緑豊かなところでしたが、大阪のべッドタウンとして発展してしまい、70年万博会場に近かった関係で、そうとうな変貌をとげてしまい、ふるさとという感じが薄れてしまったのは残念です。

ページ独自カウント