最終更新日



大東文化大講師として

大東文化大では、文系の学生に、情報処理を教えていますが、表面的なことより、基礎固めがいいだろうと、手をかえ、品を かえ、ファイルの操作を強調しています。ホームページ作成演習では、複数のファイル をコントロールするのに、皆さん、苦労しているようです。途中、脱落してしまったらしい学生も出ますが、1回や2回、何をやっているか分からないということに我慢できない方が悪いと私は強気です。

ホームページ作成は、メモ帳で、HTMLファイルを複数,CSSファイルを作りますが、複写できることで、作業は著しく効率化できます。Wordなどでは、いくら、複写の機能を使うように指導してもなかなか使わないですが、複写、移動操作にも習熟できます。

 そうした体験の積み重ねの後、なれたところで、少しは頭を使って、頭の中を整理しようとしてくれれば、ものになるでしょう。

 ホームページ作成演習など、できる環境になかった頃は、「プログラミングが面白いよ」と、初心者に、ExcelのVBA(Visual Basic for Application) を入れたりしたこともありますが、分からんという学生に、「スキーでもテニスでも、囲碁、将棋、マージャン、なんでも最初から面白いのがあるか? しばらくは我慢しないとだめ。 効率的な学習なんてない。 」 と、しつこく言って、なんとかついてきてもらおうとつとめました。でも、消化不良で終わった学生も多数、それでも、その体験は、どこかで活きることでしょう。ということで、2001年度は、混乱覚悟で、Java Appletをやってみたいと思っていたのですが、はじめてコンピュータにふれる学生も多く、JavaScriptどまりとしました。

中・高でパソコンに触れてきたり、大学でも、1、2年の間に、コンピュータ講座を受講してくる学生も多くなっており、また、個人でパソコンを持っている学生も増えて、コンピュータ・リテラシィは、年々、確実に高くなってきています。  3、4年の学生には、初歩的講習よりは、プログラミングなど、高度なことをやる方が、学生の潜在的要求にかなうことでしょう。

言葉による定義は、最初のうちはほとんど無視し、人には説明できなくとも、ファイルならファイルの概念が、なんとなくイメージできるようになることを重視しています。

学生に配布した資料などは、 高橋賢のHome Page として、大学のサーバにアップしています。
 内容は、 Internet(特にホームページ作成のためのHTMLタグときスタイルシートの基本と応用)、ファイルなど、時々、配布した資料や考え方に手を入れたものです。
 http://www.t.daito.ac.jp/~t028050/Print/print-menue.html からのリンク。

数学をほとんどとっていない学生の苦手とする2進、16進数関連を
  http://www.t.daito.ac.jp/~t028050/Print/binary.html
とし、JavaScriptそのものの例題をかねて、そのプログラムで、多少は実際にトライできるように配慮しました。(昔、原始的なCAI教材を作っていたことを思い出しながら.....。)

シラバスと予定・授業進行も、http://www.t.daito.ac.jp/~t028050/sylabus.html として比較的克明に書きました。

そして、学生の作成したホームページのアドレス一覧と私のコメントです。 私の総体的なコメントもその中に書いていますが、なかなか、よくやってくれたと思います。是非、感想を「掲示板」ないしメールでいただきたいと思います。
 アドレスぐ90はあり、なかなか、面白いのが多く、現在の若者の生態もよく分かり、迫力があるのではないかと思います。
 http://www.t.daito.ac.jp/~t028050/Print/student2001-Hp.html

今後、資料では、Word基本操作、Java、ExcelとVisual Basic for Application、ファイル、コンピュータ・OS・インターネットの基礎を、メーリングリスト「授業の感想」の感想、抜粋、「学生の教員に対する評価」所見(私が思っているほどにはよくないが)なども追加予定はしています。

4月からは、新カリキュラムに移行し、この内容を2年生でやることになりました。 大学の環境も整い、1年のときにほぼ全員、コンピュータの授業をとってくることに なるのではないかと期待しています。そうすると、今年のように無茶なことはやらずにすみそうですが、さらにJavaをやってもいいかな?

2000年度(2001年3月終了)の学生の中には、コンピュータにはまって、夏休みも返上し、大学のコンピュータ室にいりびたったのがいます。特に、ホームページ作成は、がんばって、大学の学生のホームページ集にも登録してくれました。内容もHTML言語の使い方も面白い。

大東文化大学生、浅野君のホームページ

コンピュータだけでなく、ギター、バンドやスノーボにも熱中し、楽しそうなページを作っているが、青春まっさかりを謳歌している若さはうらやましい。こういう若さは、自分の学生生活にはなかったなぁと。(もっとも、万事、天邪鬼な私は年齢に逆比例して、精神的には、今、若くなっているかもしれませんが?)

最近は、4年生の春から就職活動まっさかり、あちこち、面接を受けて、希望の情報処理系に決まったとのこと。このホームページにみられるような集中力、馬力、表現力をもってすれば、すぐ決まりそうなものですが、今の就職戦線はやはり厳しいようです。ホームページに「就職奮闘記」を追加してくれるとのことで、楽しみにしています。

技術的には、2000年度は、時間切れでほとんど説明できなかったTABLE(表)を使い、教えもせず、私自身のホームページにも使っていないフレームやJavascriptまで駆使したもので、そうとうの時間を費やしていることは明らか。大力作です。

なお、彼のページからリンクがはられている浅瀬石さんも私の受講生です。彼の支援を受けてがんばっていました。他にも、大学のWebサーバには登録した学生がいるかと思いますが、こちらでは把握できていません。2000年度は、登録方法は、資料のみを 教室内のメーリングリスト で流した程度でしたが、2001年度は、授業中に何度も説明し、アップロード自体も課題としたわけです。

私が大東文化大の講師になったきっかけは、プロフィール に書いた30年くらい前に受けた能力開発工学センターのセミナーで知り合った友人に、時々誘われて飲んでいたのですが、あるとき、紹介されたソフトハウス、アスキング の社長であり、関連会社のユーズウェア21 の店主である青野厚子さんに、はじめてお目にかかった雑談の中で、「教えることはお好きではないか? 知人がコンピュータの講師を探しておられる」ということからでした。おかげさまで、以後、6年、年々、教える内容は少しずつ変えながら、若い人達とのつきあいを楽しんでいます。人の運命は、偶然の積み重ねですね。

生きもの達の玉手箱 は、大学の講師控え室で昼休みなど、森羅万象につき知的な会話を交わしている?若い仲間のすてきなホームページです。プロフィールの一節、「「生きもの」に関する英文ショートストーリーの翻訳に明け暮れる毎日。だれも読んでくれないので、ストレスのたまる日々を送っています」とか、心休まるページです。 新着情報の「好きな街新宿」への前奏曲、面白い!!

ページ独自カウント